応用情報技術者講座 平成22年秋期応用情報技術者試験結果 応用情報技術者講座とは

■応用情報技術者の業務と役割
基本戦略立案又はIT ソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し,独力で次のいずれかの役割を果たす。

  1. 需要者(企業経営,社会システム)が直面する課題に対して,情報技術を活用した戦略を立案する。
  2. システムの設計・開発を行い,又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって,信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また,その安定的な運用サービスを実現する。

■期待する技術水準
1.情報技術を活用した戦略立案に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。

  1. 経営戦略・情報戦略の策定に際して,経営者の方針を理解し,経営を取り巻く外部環境を正確に捉え,動向や事例を収集できる。
  2. 経営戦略・情報戦略の評価に際して,定められたモニタリング指標に基づき,差異分析などを行える。
  3. 提案活動に際して,提案討議に参加し,提案書の一部を作成できる。
2.システムの設計・開発・運用に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
  1. アーキテクチャの設計において,システムに対する要求を整理し適用できる技術の調査が行える。
  2. 運用管理チーム,オペレーションチーム,サービスデスクチームなどのメンバとして,担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行える。
  3. プロジェクトメンバとして,プロジェクトマネージャ(リーダ)の下でスコープ,予算,工程,品質などの管理ができる。
  4. 情報システム,ネットワーク,データベース,組込みシステムなどの設計・開発・運用・保守において,上位者の方針を理解し,自ら技術的問題を解決できる。
応用情報技術者試験はIT開発側と利用者側で共通して受けられる国家試験です。


試験日程
試験実施 : 毎年2回(4月第3日曜日・10月第3日曜日)

試験形式 : 午前:9:30〜12:00(150分)
       多肢選択式(四肢択一)80問出題して 80 問解答

       午後:13:00〜15:30(150分)
       11 問出題して 5問解答(情報セキュリティ 必須)

受験手続き : 独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センター本部および支部にて願書が配布されます。

【情報処理センター受付期間】
春期:1月中旬〜2月中旬  秋期:7月中旬〜8月中旬
申込期間は配布期間と同じです。

受験料 : 5,700円
詳しくは、IPA 独立行政法人情報処理推進機構をご覧ください。



■午前の出題範囲





1 基礎理論 1 基礎理論 1 離散数学 2 進数,基数,数値表現,演算精度,集合,ベン図,論理演算,命題 など
2 応用数学 確率・統計,数値解析,数式処理,グラフ理論,待ち行列理論 など
3 情報に関する理論 符号理論,述語論理,オートマトン,形式言語,計算量,人工知能,知識工学,
学習理論,コンパイラ 理論,プログラミング言語論・意味論 など
4 通信に関する理論 伝送理論
(伝送路,変復調方式,多重化方式,誤り検出・訂正,信号同期方式ほか) など
5 計測・制御に関する
理論
信号処理,フィードバック制御,フィードフォワード制御,応答特性,
制御安定性,各種制御,センサ・アクチュエータの種類と動作特性 など
2 アルゴリズム

プログラミング
1 データ構造 スタックとキュー,リスト,配列,木構造,2 分木 など
2 アルゴリズム 整列,併合,探索,再帰,文字列処理,流れ図の理解,アルゴリズム設計 など
3 プログラミング 既存言語を用いたプログラミング(プログラミング作法,プログラム構造,
データ型,文法の表記法ほか) など
4 プログラム言語 プログラム言語(アセンブラ言語,C,C++,COBOL,Java 1),ECMAScript,
Ruby,Perl,PHP,Python ほか)の種類と特徴,共通言語基盤(CLI) など
5 その他の言語 マークアップ言語(HTML,XMLほか)の種類と特徴,データ記述言語(DDL) など
2 コンピュー
タシステム
3 コンピュータ
構成要素
1 プロセッサ コンピュータ及びプロセッサの種類,構成・動作原理,割込み,性能と特性,
構造と方式,RISC とCISC,命令とアドレッシング,マルチコアプロセ ッサ など
2 メモリ メモリの種類と特徴,メモリシステムの構成と記憶階層(キャッシュ,主記憶,
補助記憶ほか),アクセス方式,RAM ファイル,メモリの容量と性能,記録媒体の
種類と特徴 など
3 バス バスの種類と特徴,バスのシステムの構成,バスの制御方式,
バスのアクセスモード,バスの容量と性能 など
4 入出力デバイス 入出力デバイスの種類と特徴,入出力インタフェース,デバイスドライバ,
デバイスとの同期,アナログ・ディジタル変換,DMA など
5 入出力装置 信号処理,フィードバック制御,フィードフォワード制御,応答特性,
制御安定性,各種制御,センサ・アクチュエータの種類と動作特性 など
4 システム
構成要素
1 システムの構成 システムの処理形態,システムの利用形態,システムの適用領域,仮想化,
クライアントサーバシステム,Web システム,シンクライアントシステム,
フォールトトレラントシステム,RAID,NAS,SAN,P2P,ハイパフォーマンス
コンピューティング(HPC),クラスタ など
2 システムの
評価指標
システムの性能指標,システムの性能特性と評価,システムの信頼性・
経済性の意義と目的,信頼性計算,信頼性指標,信頼性特性と評価,
経済性の評価,キャパシティプランニング など
5 ソフトウェア 1 オペレーティ
ングシステム
OS の種類と特徴,OS の機能,多重プログラミング,仮想記憶,ジョブ管理,
プロセス/タスク管理,データ管理,入出力管理,記憶管理,割込み,
ブートストラップ など
2 ミドルウェア 各種ミドルウェア(OS などのAPI,Web API,各種ライブラリ,コンポーネントウェア,
シェル,開発フレームワークほか)の役割と機能,ミドルウェアの選択と利用 など
3 ファイルシス
テム
ファイルシステムの種類と特徴,アクセス手法,検索手法,ディレクトリ管理,
バックアップ,ファイル編成 など
4 開発ツール 設計ツール,構築ツール,テストツール,言語処理ツール(コンパイラ,インタプリタ,
リンカ,ローダほか),エミュレータ,シミュレータ,インサーキットエミュレータ(ICE),
ツールチェーン,統合開発環境 など
5 オープンソース
ソフトウェア
OSS の種類と特徴,UNIX 系OS,オープンソースコミュニティ,LAMP/LAPP,
オープンソースライブラリ,OSS の利用・活用と考慮点(安全性,信頼性ほか),
動向 など
6 ハードウェア 1 ハードウェア 電気・電子回路,機械・制御,論理設計,構成部品及び要素と実装,半導体素子,
システムLSI,SoC(System on a Chip),FPGA,MEMS,診断プログラム,消費電力
など
3 技術要素 7 ヒューマン
インタフェ
ース
1 ヒューマン
インタフェース
技術
インフォメーションアーキテクチャ,GUI,音声認識,画像認識,動画認識,
特徴抽出,学習機能,インタラクティブシステム,ユーザビリティ,
アクセシビリティ など
2 インタフェース
設計
帳票設計,画面設計,コード設計,Web デザイン,人間中心設計,
ユニバーサルデザイン,ユーザビリティ評価 など
8 マルチメデ
ィア
1 マルチメディア
技術
オーサリング環境,音声処理,静止画処理,動画処理,メディア統合,
圧縮・伸長,MPEG など
2 マルチメディア
応用
AR(Augmented Reality),VR(Virtual Reality),CG(Computer Graphics),
メディア応用,モーションキャプチャ など
9 データベース 1 データベース
方式
データベースの種類と特徴,データベースのモデル,DBMS など
2 データベース
設計
データ分析,データベースの論理設計,データの正規化,データベースの
パフォーマンス設計,データベースの物理設計 など
3 データ操作 データベースの操作,データベースを操作するための言語(SQL ほか),
関係代数 など
4 トランザク
ション処理
排他制御,リカバリ処理,トランザクション管理,データベースの性能向上,
データ制御 など
5 データベース
応用
データウェアハウス,データマイニング,分散データベース,リポジトリ,
メタデータ,ビッグデータなど
10 ネットワーク 1 ネットワーク
方式
ネットワークの種類と特徴(WAN/LAN,有線・無線,センサネットワークほか),
インターネット技術,回線に関する計算,パケット交換網,QoS,RADIUS など
2 データ通信と
制御
伝送方式と回線,LAN 間接続装置,回線接続装置,電力線通信(PLC),
OSI 基本参照モデル,メディアアクセス制御(MAC),データリンク制御,
ルーティング制御,フロー制御 など
3 通信プロトコル プロトコルとインタフェース,TCP/IP,HDLC,CORBA,HTTP,DNS,SOAP,IPv6
など
4 ネットワーク
管理
ネットワーク運用管理(SNMP),障害管理,性能管理,トラフィック監視 など
5 ネットワーク
応用
インターネット,イントラネット,エクストラネット,モバイル通信,
ネットワークOS,通信サービス など
11 セキュリティ 1 情報セキュリ
ティ
情報の機密性・完全性・可用性,脅威,脆弱性,攻撃手法(SQL インジェクション,
クロスサイトスクリプティング,DoS 攻撃,フィッシング,標的型攻撃ほか),
暗号化技術(共通鍵,公開鍵,秘密鍵,RSA,AES,ハイブリッド暗号,
ハッシュ関数ほか),認証技術(ディジタル署名,メッセージ認証,
タイムスタンプほか),利用者認証(ID・パスワードほか),生体認証技術,
公開鍵基盤(PKI,認証局,ディジタル証明書ほか),政府認証基盤
(GPKI,ブリッジ認証局ほか) など
2 情報セキュリ
ティ管理
情報資産とリスクの概要,リスク分析と評価,情報セキュリティポリシ,
ISMS など
3 セキュリティ
技術評価
ISO/IEC 15408(コモンクライテリア),JISEC(ITセキュリティ評価及び認証制度),
JCMVP(暗号モジュール試験及び認証制度) など
4 情報セキュリ
ティ対策
アカウント管理,アクセス制御,ログ管理,マルウェア対策,不正アクセス対策,
ファイアウォール,WAF,侵入検知/侵入防止,検疫ネットワーク,情報漏えい対策,
無線LAN セキュリティ(WPA2 ほか),携帯端末(携帯電話,スマートフォン,
タブレット端末ほか)のセキュリティ,入退室管理,情報セキュリティ教育,
ディジタルフォレンジックスなど
5 セキュリティ
実装技術
セキュアプロトコル(IPSec,SSL,SSH ほか),認証プロトコル
(SPF,DKIM,SMTP-AUTH,OAuth,DNSSEC ほか),セキュアOS,
ネットワークセキュリティ,データベースセキュリティ,アプリケーションセキュリティ,
セキュアプログラミング など
4 開発技術 12 システム
開発技術
1 システム要件
定義
システム要件定義(機能,能力,業務・組織及び利用者の要件,設計制約条件,
適格性確認要件ほか),システム要件の評価 など
2 システム方式
設計
システムの最上位の方式確立(ハードウェア・ソフトウェア・手作業の機能分割,
ハードウェア方式設計,ソフトウェア方式設計,システム処理方式設計,
データベース方式設計ほか),システム方式の評価 など
3 ソフトウェア
要件定義
ソフトウェア要件の確立(機能,能力,インタフェースほか),
ソフトウェア要件の評価,ヒアリング,ユースケース,プロトタイプ,
DFD,E-R 図,UMLなど
4 ソフトウェア
方式設計・
ソフトウェア
詳細設計
ソフトウェア構造とコンポーネントの設計,インタフェース設計,
ソフトウェアユニットのテストの設計,ソフトウェア結合テストの設計,
ソフトウェア品質,レビュー,ウォークスルー,ソフトウェア設計の評価,
プロセス中心設計,データ中心設計,構造化設計,オブジェクト指向設計,
モジュールの設計,部品化と再利用,アーキテクチャパターン,デザインパターン
など
5 ソフトウェア
構築
ソフトウェアユニットの作成,コーディング基準,コーディング支援手法,
コードレビュー,メトリクス計測,デバッグ,テスト手法,テスト準備
(テスト環境,テストデータほか),テストの実施,テスト結果の評価 など
6 ソフトウェア
結合・ソフト
ウェア適格性確
認テスト
テスト計画,テスト準備(テスト環境,テストデータほか),テストの実施,
テスト結果の評価 など
7 システム結合
・システム適格性
確認テス ト
テスト計画,テスト準備(テスト環境,テストデータほか),テストの実施,
テスト結果の評価,チューニング,テストの種類(機能テスト,非機能要件テスト,
性能テスト,負荷テスト,セキュリティテスト,リグレッションテストほか)など
8 導入 システム又はソフトウェアの導入計画の作成,システム又はソフトウェアの
導入の実施 など
9 受入れ支援 システム又はソフトウェアの受入れレビューと受入れテスト,システム又は
ソフトウェアの納入と受入れ,利用者マニュアル,教育訓練 など
10 保守・廃棄 システム又はソフトウェアの保守の形態,システム又はソフトウェアの保守の手順,
システム又はソフトウェアの廃棄 など
13 ソフトウェア
開発管理技術
1 開発プロセ
ス・手法
ソフトウェア開発モデル,アジャイル開発,ソフトウェア再利用,
リバースエンジニアリング,マッシュアップ,構造化手法,形式手法,
ソフトウェアライフサイクルプロセス(SLCP),プロセス成熟度など
2 知的財産適用
管理
著作権管理,特許管理,保管管理,技術的保護(コピーガード,DRM,
アクティベーションほか) など
3 開発環境管理 開発環境稼働状況管理,開発環境構築,設計データ管理,ツール管理,
ライセンス管理 など
4 構成管理・変更
管理
構成識別体系の確立,変更管理,構成状況の記録,品目の完全性保証,
リリース管理及び出荷 など






5 プロジェクト
マネジメント
14 プロジェクト
マネジメント
1 プロジェクト
マネジメント
プロジェクト,プロジェクトマネジメント,プロジェクトの環境,
プロジェクトガバナンス,プロジェクトライフサイクル,プロジェクトの
制約 など
2 プロジェクト
統合マネジ
メント
プロジェクト憲章の作成,プロジェクト計画の作成,プロジェクト作業の指揮,
プロジェクト作業のコントロール,変更のコントロール,プロジェクトフェーズ
又はプロジェクトの終結,学んだ教訓の収集 など
3 プロジェクト
ステークホル
ダマネジメン ト
ステークホルダの特定,ステークホルダの管理 など
4 プロジェクト
スコープマネ
ジメント
スコープの定義,WBS の作成,アクティビティの定義,スコープの
コントロール など
5 プロジェクト
資源マネジ
メント
プロジェクトチームの結成,資源の見積り,プロジェクト組織の決定,
プロジェクトチームの育成,資源のコントロール,プロジェクトチームの管理
など
6 プロジェクト
タイムマネジ
メント
アクティビティの順序付け,アクティビティ期間の見積り,スケジュールの作成,
スケジュールのコントロール など
7 プロジェクト
コストマネジ
メント
コストの見積り,予算の編成,コストのコントロール など
8 プロジェクト
リスクマネジ
メント
リスクの特定,リスクの評価,リスクへの対応,リスクのコントロールなど
9 プロジェクト
品質マネジ
メント
品質の計画,品質保証の実施,品質コントロールの実施など
10 プロジェクト
調達マネジ
メント
調達の計画,サプライヤの選定,調達の管理 など
11 プロジェクト
コミュニケー
ションマネジ
メント
コミュニケーションの計画,情報の配布,コミュニケーションの管理など
6 サービス
マネジメント
15 サービス
マネジメント
1 サービス
マネジメント
サービスマネジメント,サービスマネジメントシステム,サービス,
サービスライフサイクル,ITIL 2),サービスの要求事項, サービスレベル合意書
(SLA),サービス及びプロセスのパフォーマンス,継続的改善,顧客,
サービス提供者 など
2 サービスの
設計・移行
サービスの計画,サービスの設計・開発,移行,サービス受入れ基準,
運用引継ぎ など
3 サービスマネ
ジメント
プロセス
サービス提供プロセス(サービスレベル管理,サービスの報告,
サービス継続及び可用性管理,サービスの予算業務及び会計業務,
キャパシティ管理),関係プロセス(事業関係管理,供給者管理),
解決プロセス(インシデント及びサービス要求管理,問題管理),
統合的制御プロセス(構成管理,変更管理,リリース及び展開管理)など
4 サービスの
運用
システム運用管理,運用オペレーション,サービスデスク,運用の資源管理,
システムの監視と操作,スケジュール設計,運用支援ツール
(監視ツール,診断ツールほか) など
5 ファシリティ
マネジメント
設備管理(電源・空調設備ほか),施設管理,施設・設備の維持保全,
環境側面 など
16 システム監査 1 システム監査 システム監査の意義と目的,システム監査の対象業務,システムの可監査性,
システム監査人の要件,システム監査計画,システム監査の実施(予備調査,
本調査,評価・結論),システム監査の報告,システム監査の品質評価,
システム監査基準,システム監査技法,監査証拠,監査調書,保証型監査,
助言型監査,コンピュータ支援監査技法(CAAT) など
2 内部統制 内部統制の意義と目的,内部統制報告制度,IT ガバナンス,
内部統制の評価・改善,CSA(統制自己評価) など





7 基礎理論 17 基礎理論 1 情報システム
戦略
情報システム戦略の意義と目的,全体最適化方針,全体最適化計画,
情報化推進体制,情報化投資計画,ビジネスモデル,業務モデル,
情報システムモデル,エンタープライズアーキテクチャ(EA),
プログラムマネジメント,システムオーナ,データオーナ,
プロセスフレームワーク,コントロールフレームワーク,
品質統制(品質統制フレームワーク),情報システム戦略評価,
情報システム戦略実行マネジメント,IT 投資マネジメント,
IT 経営力指標 など
2 業務プロセス BPR,業務分析,業務改善,業務設計,ビジネスプロセスマネジメント(BPM),
BPO,オフショア,SFA など
3 ソリューション
ビジネス
ソリューションビジネスの種類とサービス形態,業務パッケージ,
問題解決支援,ASP,SOA,クラウドコンピューティング
(SaaS,PaaS,IaaS ほか) など
4 システム活用
促進・評価
情報リテラシ,データ活用,普及啓発,人材育成計画,
システム利用実態の評価・検証,ディジタルディバイド,システム廃棄 など
18 システム企画 1 システム化
計画
システム化構想,システム化基本方針,全体開発スケジュール,
プロジェクト推進体制,要員教育計画,開発投資対効果,投資の意思決定法
(PBP,DCF法ほか),IT ポートフォリオ,システムライフサイクル,
情報システム導入リスク分析 など
2 要件定義 要求分析,ユーザニーズ調査,現状分析,課題定義,要件定義手法,
業務要件定義,機能要件定義,非機能要件定義,利害関係者要件の確認,
情報システム戦略との整合性検証 など
3 調達計画・実施 調達計画,調達の要求事項,調達の条件,提案依頼書(RFP),提案評価基準,
見積書,提案書,調達選定,調達リスク分析,内外作基準,
ソフトウェア資産管理,ソフトウェアのサプライチェーンマネジメント など
8 経営戦略 19 経営戦略
マネジメント
1 経営戦略手法 競争戦略,差別化戦略,ブルーオーシャン戦略,コアコンピタンス,M&A,
アライアンス,グループ経営,企業理念,SWOT 分析,PPM,バリューチェーン分析,
成長マトリクス,アウトソーシング,シェアドサービス,インキュベータ など
2 マーケティング マーケティング理論,マーケティング手法,マーケティング分析,
ライフタイムバリュー(LTV),消費者行動モデル,広告戦略,ブランド戦略,
価格戦略 など
3 ビジネス戦略
と目標・評価
ビジネス戦略立案,ビジネス環境分析,ニーズ・ウォンツ分析,競合分析,
PEST 分析,戦略目標,CSF,KPI,KGI,バランススコアカード など
4 経営管理
システム
CRM,SCM,ERP,意思決定支援,ナレッジマネジメント,
企業内情報ポータル(EIP) など
20 技術戦略
マネジメント
1 技術開発戦略
の立案
製品動向,技術動向,成功事例,発想法,コア技術,技術研究,技術獲得,
技術供与,技術提携,技術経営(MOT),産学官連携,標準化戦略 など
2 技術開発計画 技術開発投資計画,技術開発拠点計画,人材計画,技術ロードマップ,
製品応用ロードマップ,特許取得ロードマップ など
21 ビジネス
インダストリ
1 ビジネス
システム
流通情報システム,物流情報システム,公共情報システム,医療情報システム,
金融情報システム,電子政府,POS システム,XBRL,スマートグリッド,
Web 会議システム,ユビキタスコンピューティング など
2 エンジニアリ
ングシステム
エンジニアリングシステムの意義と目的,生産管理システム,
MRP,PDM,CAE など
3 e-ビジネス EC(BtoB,BtoC などの電子商取引),電子決済システム,EDI,IC カード
・RFID 応用システム,ソーシャルメディア(SNS,ミニブログほか),
ロングテール など
4 民生機器 AV 機器,家電機器,個人用情報機器(携帯電話,スマートフォン,
タブレット端末ほか),教育・娯楽機器,コンピュータ周辺/OA 機器,
業務用端末機器,民生用通信端末機器 など
5 産業機器 通信設備機器,運輸機器/建設機器,工業制御/FA機器/産業機器,
設備機器,医療機器,分析機器・計測機器 など
9 企業と法務 22 企業活動 1 経営・組織論 経営管理,PDCA,経営組織(事業部制,カンパニ制,CIO,CEO ほか),
コーポレートガバナンス,CSR,IR,コーポレートアイデンティティ,グリーンIT,
ヒューマンリソース(OJT,目標管理,ケーススタディ,裁量労働制ほか),
行動科学(リーダシップ,コミュニケーション,テクニカルライティング,
プレゼンテーション,ネゴシエーション,モチベーションほか),TQM,
リスクマネジメント,BCP,株式公開(IPO) など
2 OR・IE 線形計画法(LP),在庫問題,PERT/CPM,ゲーム理論,分析手法
(作業分析,PTS 法,ワークサンプリング法ほか),検査手法(OC 曲線,
サンプリング,シミュレーションほか),品質管理手法(QC七つ道具,
新QC 七つ道具ほか) など
3 会計・財務 財務会計,管理会計,会計基準,財務諸表,連結会計,減価償却,損益分岐点,
財務指標,原価,リースとレンタル,資金計画と資金管理,資産管理,経済性計算,
IFRS など
23 法務 1 知的財産権 著作権法,産業財産権法,不正競争防止法 など
2 セキュリティ
関連法規
不正アクセス禁止法,刑法(ウイルス作成罪ほか),個人情報保護法,
プロバイダ責任制限法,特定電子メール法,コンピュータ不正アクセス対策基準,
コンピュータウイルス対策基準 など
3 労働関連・取引
関連法規
労働基準法,労働関連法規,外部委託契約,ソフトウェア契約,ライセンス契約,
OSS ライセンス(GPL,BSD ライセンスほか),パブリックドメイン,
クリエイティブコモンズ,守秘契約(NDA),下請法,労働者派遣法,民法,商法,
公益通報者保護法,特定商取引法 など
4 その他の法律
・ガイドライン
・技術者倫理
コンプライアンス,情報公開,電気通信事業法,ネットワーク関連法規,
会社法,金融商品取引法,リサイクル法,各種税法,輸出関連法規,システム管理基準,
ソフトウェア管理ガイドライン,情報倫理,技術者倫理,プロフェッショナリズム など
5 標準化関連 JIS,ISO,IEEE などの関連機構の役割,標準化団体,国際認証の枠組み
(認定/認証/試験機関),各種コード(文字コードほか),JIS Q 15001,ISO9000,
ISO 14000 など

■午後の出題範囲
  1. 経営戦略に関すること
    マーケティング,経営分析,事業戦略・企業戦略,コーポレートファイナンス・事業価値評価,事業継続計画(BCP),会計・財務,リーダシップ論 など
  2. 情報戦略に関すること
    ビジネスモデル,製品戦略,組織運営,アウトソーシング戦略,情報業界の動向,情報技術の動向,国際標準化の動向 など
  3. 戦略立案・コンサルティングの技法に関すること
    ロジカルシンキング,プレゼンテーション技法,バランススコアカード・SWOT 分析 など
  4. システムアーキテクチャに関すること
    方式設計・機能分割,提案依頼書(RFP),要求分析,信頼性・性能,Web 技術(Web サービス・SOA を含む),仮想化技術,主要業種における業務知識,ソフトウェアパッケージ・オープンソースソフトウェアの適用,その他の新技術動向 など
  5. サービスマネジメントに関すること
    サービスマネジメントプロセス(サービスレベル管理,サービス継続及び可用性管理,サービスの予算業務及び会計業務,キャパシティ管理,インシデント及びサービス要求管理,問題管理,構成管理,変更管理,リリース及び展開管理ほか),サービスの運用(システム運用管理,仮想環境の運用管理,運用オペレーション,サービスデスクほか) など
  6. プロジェクトマネジメントに関すること
    プロジェクト計画・プロジェクト管理(スコープ,工程,品質,予算,人員,調達,リスク,コミュニケーションほか) など
  7. ネットワークに関すること
    ネットワークアーキテクチャ,プロトコル,インターネット,イントラネット,VPN,通信トラフィック,有線・無線通信 など
  8. データベースに関すること
    データモデル,正規化,DBMS,データベース言語(SQL),データベースシステムの運用・保守 など
  9. 組込みシステム開発に関すること
    リアルタイムOS・MPU アーキテクチャ,省電力・高信頼設計・メモリ管理,センサ・アクチュエータ,組込みシステムの設計,個別アプリケーション(携帯電話,自動車,家電ほか)など
  10. 情報システム開発に関すること
    外部設計,内部設計,テスト計画・テスト,標準化・部品化,開発環境,オブジェクト指向分析(UML),ソフトウェアライフサイクルプロセス(SLCP),個別アプリケーションシステム(ERP,SCM,CRM ほか) など
  11. プログラミングに関すること
    アルゴリズム,データ構造,プログラム作成技術(プログラム言語,マークアップ言語),Webプログラミング など
  12. 情報セキュリティに関すること
    情報セキュリティポリシ,情報セキュリティマネジメント,リスク分析,データベースセキュリティ,ネットワークセキュリティ,アプリケーションセキュリティ,物理的セキュリティ,アクセス管理,暗号・認証,PKI,ファイアウォール,マルウェア対策(コンピュータウイルス,ボット,スパイウェアほか),不正アクセス対策,個人情報保護 など
  13. システム監査に関すること
    IT 統制,情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守の監査,情報セキュリティ監査,個人情報保護監査,他の監査(会計監査,業務監査ほか)との連携・調整,システム監査の計画・実施・報告,システム監査関連法規 など


平成30年度春期・応用情報技術者試験対策講座

あらかじめ受験パターン(テクノロジ系中心、あるいはストラテジ系・マネジメント系中心)を決めておくのが望ましいと思われます。
講座開始に当たって、ヒアリングの上、カリキュラムのカスタマイズを行い。合格をにらんだポイントの絞り込みを行ないます。

当教室では、現状分析から、受講生様の得意分野と不得意分野を見極める為、レベルチェックテストをオプションで実施しております。

診断結果を踏まえ、必要なジャンルのみのカスタマイズ受講も可能です。

募  集

 大学・高校生方、社会人の初心者の方 まかせて安心!

お任せ下さい。 ベテラン講師が自分の体験を活かし、合格をにらんだブラッシュアップしたコンテンツの講義でサポート致します。(午後問題の選択基準にもとづいた学習方法を受講生様とご相談させていただきます。)

  少人数制(必要な分野だけ、受講可能!)クラス毎に、テクノロジ系中心あるいはストラテジ系・マネジメント系中心
  日曜日もOK! マンツーマン制はお客様のご都合に合わせてお好きな日時に実施いたします。

料  金 入会金3000円(半額サービス中!) 週2回(1講義 2時間) または、土・日にまとめて週1回(2講義分 4時間)
お月謝なので、安心です。一度にたくさんのお金を払う必要はありません。
少人数制 3カ月まとめて9万円 (割賦月額30,000円 途中まで可能)  マンツーマン制 (時間当たり2000円)
アルゴリズムと 疑似言語(8講義) 午前午後出題対策(20講義) 計28講義
全課程をカスタマイズさせて頂き、オリジナルカリキュラムで受講もできます。
申し込み 随時 1ヶ月だけのポイントレッスン可能です。
テキスト オリジナル教材 と 「過去問題集」どこの出版のモノでも大丈夫。
開  講  ただいま 随時募集中!詳しくはお問合せくださいませ。  ※春期試験向け:12月第3週, 春期試験向け:8月第3週より
受講時間 詳しくはお問合せくださいませ。 ご都合に合わせます。 予約制
場  所 資格の教室生駒校
注意事項 終日 禁煙です、また 講義中は携帯電話はマナーモードでお願いします。

テーマ別 1日やりきりセミナー(日曜日だけの1日のみ受講もできます。 開講は春向1月〜3月:秋向8月〜10月のみ)
午前対策コース 関連対策講座(午後問題除く)   1日6時間 (過去問演習)アイテック模試を利用します
午後対策コース 擬似言語、ネットワーク分野、データベース分野、システム設計分野、セキュリティ、関連マネジメントなど主要分野を6日間 1日7時間 費用は1日15,000円です 。(選択分野によって学習範囲を選定します。)

午後試験の受験パターンに合わせて、重要分野を徹底演習解説
その他負担金 教室利用・冷暖房費・お茶費用 500円と 模試の購入費(3,500円)が必要です。
注意事項 終日 禁煙です。  講義中は携帯電話はマナーモードでお願いします。

講座へのお申込方法

1.お問い合わせフォームに入力後、送信ください。2日中に確認のメールを差し上げます。
2.当日のキャンセルはできません。十分ご検討の上申し込みください。