情報セキュリティマネジメント講座
ITの高度化やインターネットの普及が社会に様々な恩恵をもたらす一方、サイバー攻撃の手口はますます巧妙化・複雑化し、社会全体に対する非常に大きな脅威となっています。
情報セキュリティマネジメント 「情報セキュリティをいかに確保するか」は今や組織にとって大きな経営課題ですが、標的型攻撃、内部不正などの多種多様な脅威は、「ITによる対策(技術面の対策)」だけではなく、適切な情報管理、業務フローの見直し、組織内規程順守のための従業員の意識向上といった、「人による対策(管理面の対策)」についてもしっかりとした取組みが重要です。
そのための情報セキュリティマネジメントを担う人材の育成をいかに推進していくかが、社会全体での課題であると言えます。
「情報セキュリティマネジメント試験」は、このような社会ニーズの高まりを背景に、政府の『「日本再興戦略」改訂2015』(平成27年6月閣議決定)や経済産業省 産業構造審議会で示された方向性を踏まえて、国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として創設されました。
平成28年度春期から試験開始、春期(4月)、秋期(10月)の年2回実施。
情報セキュリティマネジメント試験合格

一般企業において必要とされる「情報セキュリティマネジメント人材」

情報セキュリティマネジメント人材とは、部門の情報資産に対して適切な情報管理を実施し、組織の情報セキュリティポリシーやルールを部門内のメンバーに周知して順守を促すなど、部門内で情報セキュリティマネジメントを推進する人材です。
具体的には、部門内で不審メールを受信した場合には注意喚起を行い、速やかにCISO・情報システム部門に報告する、またサイバー攻撃の被害やインシデントが発生した場合には、被害を最小限に抑える役割などを担うと考えられます。

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善(PDCA)を通して、組織の情報セキュリティ対策向上に貢献するための知識・スキルを測ることを目的に実施します。試験は午前・午後それぞれ90分の計180分で実施します。

午前の試験では、情報セキュリティ全般に関する知識をはじめ、ISMSやCSIRTなどの情報セキュリティ管理、不正アクセスや情報漏えいなどへの情報セキュリティ対策、情報セキュリティ関連法規などに関する問題を中心に出題する予定です。また、午後の試験では、内部不正の防止や標的型攻撃への対策、クラウドサービスの安全利用など、業務において直面する身近な事例をベースとした実践的な問題を出題する予定です。

なお、情報セキュリティマネジメント試験は、業種や職種、部門を問わず、全ての企業・組織を対象としており、部門内で個人情報を取り扱う担当者や外部委託の担当者、情報システム担当者などを主な対象者としています。
また、「基本情報技術者試験」と同じレベル2の試験と位置づけており、レベル1の「iパス(ITパスポート試験)」を合格した次のステップとして活用されることを想定しています。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験 講座       情報系合格体験記はこちら

  (月4回講義 お月謝20,000円で国家資格取得のサポート:1回120分

独立行政法人情報処理推進機構が策定した、情報セキュリティマネジメント試験のシラバスに従っ てカリキュラムを組んでいます。
少人数ライブ授業です。 深堀したコンテンツと、わからないところを即座になんどでも聞ける
募  集 土曜日、日曜日もOK!
料  金 週1回 (120分) 月4回(1時間当り2,500円) 別途:プリント代、設備費併せ1,000円必要です。
お月謝なので、安心です。一度にたくさんのお金を払う必要はありません。
全体で4ヶ月(16回) お好みで、月8回(週2回)終了2ヶ月に変更できます。
申し込み 随時
テキスト 別途教材を購入頂きます。(2冊合計3,000円程度)
受講時間 夜10時まで  対応します。 詳しくはお問合せくださいませ。
場  所 資格の教室生駒校
注意事項 終日 禁煙です、また 講義中は携帯電話はマナーモードでお願いします。

講座へのお申込方法

1.お問い合わせフォームに入力後、送信ください。2日中に確認のメールを差し上げます。
2.当日のキャンセルはできませんが、前日午前中までにご連絡頂ければお振り替え致します。