ロボットプログラミング講座 こんなお子様にお勧め

プログラミングは将来子供たちに必要とされる能力です。

2020年から大学入試が変わります!

2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。


プログラミング学習の義務化が進んでいます!

2012年から中学校の技術家庭科の授業で、プログラミングは必修になりました。文部科学省は、小学校へ導入することを検討しています。
文部科学省:教育の情報化について


海外では5歳からプログラミングが必修に!
イギリスでは5歳〜16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも小学生から正規教育課程として決定しています。


グローバル化に対応するための能力!
プログラミングを通じて、ものの仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。


講師は専門学校や大学でプログラミングを教えている大学非常勤講師です。
アーテックブロックとオリジナルプログラミングソフトを使って
ロボットの仕組みやプログラミングの基礎を学びます

ロボットの組み立て
タテ・ヨコ・ナナメに接続できるアーテックブロックを使うことでロボットの組み立ても簡単!
ロボットの組み立て
プログラミングソフト
MITメディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をオリジナルカスタマイズしたソフトを採用!初心者でも簡単プログラミング!
プログラミングソフト

ステップアップ方式のカリキュラム
「やる気」を引きだし独創性をのばす!8つのレベル × 3ステップトータル24のカリキュラム ステップアップ方式のカリキュラム

ロボットプログラミングを通して「自分で考え行動する力」を養います

論理的思考力

問題解決能力

創造力

論理的思考力 問題解決能力 創造力
ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、まず、どのような命令が必要か考え、その命令を効率良く順序立てて並べていくことで、論理的思考力が身につきます。 ロボットがイメージ通りに動かない時、子ども達は必死に原因を探し、修正を繰り返します。そして、自分なりの答えを導くことで、問題解決力が身につきます。 自由度の高いオリジナルのブロックと、プログラミングを組み合わせることで、ゼロから考える力を養い、子ども達の無限の創造力を引き出します。


カリキュラムの3つのポイント

はじめてでも安心のスタートアップ講座

本格的な学習をはじめる前に教材の基本操作や使用方法をレクチャーします。この講座を受けることで、 本格的な学習にスムーズに移行することができます。

はじめてでも安心のスタートアップ講座

ステップアップ方式の24のカリキュラム

1つのカリキュラムは1ヶ月分(90分×2回)を目安にしており、テキストにそってプログラミングを学習する「基礎」(90分)と、そこで習得したことを活用してオリジナル作品を作る「応用」(90分)で構成されています。

ステップアップ方式の24のカリキュラム

専用テキストで理解力アップ
専用テキストでは、プログラミングやロボットの組み立てだけでなく、センサーの仕組みや身近なものの仕組みなども 詳しく解説しているので、さまざまな知識が身につきます。

    

体験教室 お電話で予約された 土曜日、日曜日、祝日 親子でご参加ください。
体験教室参加費 体験教室1,000円   授業は月謝制です。 (月謝:10,000円)
申し込み 随時
教材 別途、装置教材費のみ必要です。 テキスト代はお月謝に含まれます。 分割支払いできます。相談
学習時間 1回当り90分 (実習演習と方法や仕組み説明の授業) 月2回の授業です。
アピール事項 満8歳のお子さんから (興味をもつ子から、それを創造し活用する社会人なる為に(理系の資格取得へ))

体験授業 のお申込方法

1.お問い合わせフォームに入力後、送信ください。2日中に確認のメールを差し上げます。 またはお電話でご連絡くださいませ。
2.当日のキャンセルはできませんが、前日午前中までにご連絡頂ければお振り替え致します。